2018年3月24日 福島県精神保健福祉士・県中会津支部の研修会

Photo_18-03-24-16-30-07.315-650x366

福島県精神保健福祉士・県中会津支部の研修会で障害年金についてお話しする機会を頂き、12名の福島県精神保健福祉士の方にご参加をいただきました。

参加者の声

障害年金について分からない部分が多かったのですが、

今回ポイントを3つに絞って学べたことで改めて自分自身で整理することができました。

 

今回はとてもわかりやすいご講義ありがとうございました。

障害年金の書類はとても多く、また難しいと苦手に思いながらやっていました。

本日の瀬尾先生のお話を聞いて診断書と申立書の整合性が大事であることと

それぞれのポイントを代位に今後、力の入れるべき所を見極めていきたいと思いました。

 

申立書を書く際のポイントがとても明確で分かりやすかったです。

今まで頑張り過ぎて気負っていた部分もあったので、シンプルに考えて

減点されないような書き方を覚えていきたいと思います。

 

申立書を記載するポイント(診断書との整合性など)を教えていただいた点