Conditions

もらえるための条件

障害年金をもらうための条件

障害年金をもらうためには、いくつかの要件を満たさなければなりません。
そのうち最も重要な3要件について説明します。

(1)初診日要件

国民年金、厚生年金、共済年金へ加入していた期間中に、その障害の原因となった病気やケガを医師や歯科医師に診察してもらっていることが必要です。
この診察を治療目的で初めて受けた日を「初診日」といいます。傷病名が異なっても初診日とされるケースや難病等で傷病名確定の日が初診日と認定されるケースもあり判断が難しいのでご注意ください。 ※原則として健康診断は初診日となりません。
なお、未成年の頃からの傷病により障害の状態になった場合や、国民年金に加入したことのある人で、60歳から64歳までの間に初診日のある傷病により障害の状態になった場合は、障害基礎年金の対象となります。初診日が65歳に達するより前にあれば65歳を過ぎても認定日請求は出来ますが、既に貰っている年金との選択となり金額の増減については試算が必要です。
この「初診日」がいつか?によって、そもそも障害年金がもらえるのか?もらえるとしたらいくらもらえるのか?が決まります。よって初診日は大変重要な日となります。

(2)保険料納付要件

この保険料納付要件が満たされないと、一生この病気やケガを原因とする障害年金はもらえないので、大変重要な要件です。
初診日の前日において、その初診日のある月の前々月までの期間の3分の2以上が、次のいずれかの条件に当てはまっている必要があります。

・保険料を納めた期間(会社員や公務員の配偶者だった期間も含む)
・保険料を免除されていた期間 
・学生納付特例又は若年者納付猶予の対象期間 

3分の1を超える期間の保険料が未納となっていなければ大丈夫です。 
実際に保険料を納めていた期間だけでなく、正式に保険料が免除されていた期間も、納めていたものとして扱われます。

上記の要件には当てはまらなくても、令和8年3月31日までに初診日がある場合は、初診日の前日に、その前々月までの1年間に保険料の未納がなければ要件を満たすことができます。

なお、被保険者でない20歳前の傷病により障害の状態になった方については、保険料納付要件は問われません。

*学生時代の保険料の未納というケースがとても多いです。学生だからと保険料を滞納していると、仮に卒業してすぐ大きな事故で重い障害を負っても保険料納付要件に引っ掛かり障害年金はもらえなくなってしまいます。この場合忘れずに「保険料の免除申請」をして下さい。

(3)障害認定日要件

障害年金を受けられるかどうかは、障害認定日に一定以上の障害状態にあるかどうかで判断されます。
障害認定日とは、初診日から1年6か月が経過した日か、1年6か月が経過する前に症状が固定し、それ以上治療の効果が期待できない状態となった日のことです。
症状固定は、下記の様に傷病の種類や状態によって異なります。
1 人工透析療法を受け始めてから3ケ月経過した日
2
人工骨頭又は人工関節を挿入置換した日
3
心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)、人工弁CRT(心臓再同期医療機器)、CRT-D(除細動器機能付き心臓同期医療機器)、人工血管(ステントグラフトを含む)等を装着した日    
4人工肛門を造設または尿路変更術を施行し、完全排尿障害状態となり6カ月を経過した日
5
肢体を離断・切断した障害は、原則として切断・離断した日
6喉頭全摘出した日 
7
在宅酸素療法を開始した日
8脳内出血(後遺症による肢体麻痺)は初診日より6月経過した日以後に、医学的観点からそれ以上に機能回復が殆ど望めないと認められる(治癒が条件!)とき。
9ALS(筋萎縮性側索硬化症)で非侵襲的陽圧換気療法(NPPV開始時
10遷延性意識障害(植物状態)の状態に至った日から起算して3月を経過した日以後、医学観点から機能回復が殆ど望めないと認められたとき

この障害認定日に一定の障害状態にあると認められると、その翌月から年金が支給されます。これを、障害認定日請求と呼び制度上何年前に遡っても申請できますが支給されるのは時効の関係で最大5年となります。

障害認定日には障害等級に該当しなかった場合でも、65歳の誕生日の前々日までに症状が悪化して申請すれば受給できる可能性があります。 これを事後重症請求と呼び、認定されると請求した翌月から年金が支給されます。ただし、請求前までに障害状態に該当していたとしても遡っては支給されません。