Greeting

代表挨拶

代表プロフィール

瀬尾 征秀(せお ゆきひで)

社会保険労務士
・全国社会保険労務士会連合会
 登録番号 第07050009号
・福島県社会保険労務士会
 会員番号 第070603号
・2005年9月1日 開業登録
1971年1月18日 神奈川県横浜市生まれ
image_seo
代表メッセージ
この度は、当ホームページにご訪問いただき、誠にありがとうございます。
福島障害年金相談センターを主催する社会保険労務士の瀬尾征秀(せおゆきひで)と申します。
HPを平成25年12月に開設し、平成29年6月から『障害年金』に特化した社会保険労務士事務所となりました。【ふくしまで社会保険労務士として出来ることを最大化する】【ふくしまに社会保険労務士として貢献する】をミッションにかかげており、障害年金に取り組み社会保険労務士を増やす為に年2回合宿形式の勉強会を主催しています。当センターのメンバー・新たに取り組みたい社労士・県外で活躍している社労士が集まって研鑽しています。
障害を負ってしまわれた場合、ご本人とご家族の皆様はもちろん、お勤めであれば勤務先の経営者・担当者様も様々な不安に襲われてしまいます。その中でも一番大きな問題は“経済的な不安”であると思います。その収入減を補い、以後の生活を支えるものが『障害年金』なのです。
障害年金の制度は、制度自体がよく知られていなかったり、手続きが複雑で挫折してしまったりと、本来ならば受け取る権利を持ちながらも受給されていない方が数多くいらっしゃいます。
制度を知って頂くことを目的として、HPの開設、チラシやポスターの作成・配布、MSW/PSW様との勉強会、保険会社様との勉強会、支援学校での講演等積極的に情報発信に努めております。当初は事務所にて、現在では県内5カ所(福島市・郡山市・いわき市・会津若松市・白河市)にて出張相談会を開催しております。定期開催にご協力頂ける病院・クリニック・医院様や就労支援施設様、支援学校様等ございましたらお声掛けを頂ければ幸いです。
誰かと話をすることで、気が楽になったり、自分の考えがはっきりしたり、進むべき方向が見えたりしたことはありませんか。周囲に相談する専門家がいなくてお困りの方、ご家族や従業員に障害をかかえてしまった方がおりご本人に代わって話を聞いてみたい方などいらっしゃいましたら、ぜひ福島障害年金相談センターへお問い合わせ下さい。

真船あい社会保険労務士行政書士事務所 真船先生より

私は福島県で社会保険労務士・行政書士事務所を営んでおります。
瀬尾先生が講師をされた研修会に参加したことをきっかけに、福島障害年金相談センターが主催するセミナー・相談会のお手伝いや、企業向けセミナーを共催する機会をいただいております。
その際に瀬尾先生が相談者のかたや企業の担当者のかたと接する姿を幾度となく拝見しておりますが、瀬尾先生はどんな時でも、穏やかな言葉で伝え、豊富な知識の裏付けに基づいた明快なアドバイスをしていらっしゃることに強く感銘を受けました。

相談した方が納得して選択出来るよう全力でサポートする、とても頼りになる先生であるとの印象を受けております。
また、瀬尾先生は常に最新の情報を得て対応することができるよう、ご多忙ななかでも全国を飛び回り、第一線で活躍する専門家の方々から知識・情報を収集していらっしゃる行動派の先生でもあります。
お困りの事があった際はぜひ福島障害年金相談センターにご相談してみてはいかがでしょうか。
事務所名真船あい社会保険労務士行政書士事務所

弁護士法人アルマ 三瓶先生より

私が所長を務める弁護士法人アルマは郡山と仙台に事務所を構え、 交通事故被害者の救済や労働災害に遭われた労働者の救済に 注力をして活動をしています。知人の紹介で、私と同じように事故や災害に遭われ、経済的に 苦しまれている方のサポートをされている瀬尾先生と知り合いになりました。
 瀬尾先生が代表を務める福島障害年金相談センターは年間300件超の 相談を受けていらっしゃるそうで、信頼できる方だと思いました。
 初めてお会いした瀬尾先生の印象は、専門家として頼れるだけでなく、 非常に親身に話を聞いてくださる先生だという印象を持ちました。瀬尾先生となら一緒に制度を知らない方々への啓蒙活動なども できると確信し瀬尾先生が懇意にされている医療機関にて、 瀬尾先生と一緒に勉強会を実施させていただきました。
 
このようなことがあり今では「瀬尾先生なら安心して依頼出来る」と 全幅の信頼を寄せております。 障害年金の申請サポートをお願いするなら、 福島障害年金相談センターの扉を叩かれてみてはいかがでしょうか。
事務所名 郡山タワー法律事務所

がん医療保険募集代理店 大内 利男 様

主にがん保険・医療保険の販売・給付のお手続きをさせていただく仕事をしています。
仕事柄、お客様とのお話の中で身近な方に重い病状となり経済的に苦しんでいる方がおられる、何かよい制度はないだろうか等のお話を伺うこともございます。
残念ながら、重いご病気になられてからのお手伝い(保険の加入)をすることが難しい(ご病気によっては、り患されてから加入できるものもございますが)ため何かよい手助けになる制度などはないかと思っておりました。
ある時、障害年金の制度があることを知り、福島障害年金相談センター様において、障害年金の申請をなるべくご本人の負担の少ない形で代行されていると聞き、お客様に福島障害年金相談センター様をご案内することがありました。
手続きの複雑さや書類の多さから、ご自身で障害年金の請求を行うことはなかなか難しいと聞いておりますが、福島障害年金相談センター様におかれましては、少ない負担で障害年金請求のお手伝いをしていただけ、さらに全国の障害年金の手続きを行う社会保険労務士さんと連携し、様々なケースに対応できるとも聞いて、ご相談いただいたお客様にもひとつ希望が生まれたのではと感じております。
今後とも、お客様の要望があれば、センターにご案内し少しでもお客様のお役に立てればと考えております。