『担当医より瀬尾さんを紹介していただき受給することができました』

お手紙

大変お世話になりましてありがとうございました。

二十数年間お世話になっております担当医より瀬尾さんを紹介していただき受給することができました。実のところ障害年金のことは二十年間考えたこともなく、今後も何とかそれなりにやっていけるように思っておりましたが私ども両親も高齢になり先行きの不安感も強くなってきました。

 手続き書類は役場より指示された通り提出申請しましたが3カ月以上経過して一部不備があり年金事務所より返送されました。担当医に相談したところ、専門の方にお任せした方がよいとのアドバイスを受け瀬尾さんに一任して現在受給資格の通知を年金事務所より受け取りほっとしたところです。

 不明な点を携帯で気軽に教えてくださり心強く思いました。お忙しいなか親切に対応していただき感謝申し上げます。


【社労士より一言】

 詳しい経緯はわかりませんが、現在の診断書と5年前の診断書を提出するように役場より指示があり提出をされていました。返戻文書には「20歳当時の診断書と不足書類を揃えて提出するか、このまま事後重症請求として訂正して提出するか」と書かれており、お母様は事後重症請求にするしかないと思い詰めておりました。20歳当時も同じ主治医でしたが現在の病院と異なっており、20歳当時の病院で診断書を作成してくださいましたので書類を整備し直して返戻対応からサポートさせて頂きました。時効による失効分はありましたが5年分の遡及と合わせて受給が決まりお手紙を頂くことが出来ました。