(会津坂下町・障害年金)60代ご夫婦から各々についてのご相談です

query_builder 2020/11/11
相談事例
福島障害年金相談センター

(会津坂下町・狭心症・子宮頸がん)60代後半のご主人様は狭心症で、60代前半の奥様は子宮頸がんで障害年金についてご相談をいただきました。ご主人様は、発症日は覚えていないそうですが平成1212月に障害者手帳3級を取得されたとのことです。奥様は、昨年春に発症して今年の11月に手術を受けたそうです。奥様は65歳になるまでに申請することが出来ることをお伝えしました。


【社労士から一言】

 65歳を過ぎると65歳より前の初診日での認定日請求のみ申請する事が出来ます。ただ、初診日が古くなると記録が無く診断書等の作成が困難になるケースが多いです。また、65歳間近の初診日では認定日(=初診日から16か月を経過した日)で申請できる可能性はありますが、新たに障害年金の受給権が発生しても既に受給している老齢年金との選択となります。差額分があればその分が増える可能性があるという事です。年金事務所で試算して頂くことも出来ますので確認して頂くことをお勧めしております。

 

NEW

  • (郡山市・障害年金)摂食障害とうつ病、軽度知的と診断されました。

    query_builder 2020/11/11
  • (郡山市・障害年金)緑内障の方から相談会でお話を伺いました。

    query_builder 2020/11/11
  • (会津坂下町・障害年金)60代ご夫婦から各々についてのご相談です

    query_builder 2020/11/11
  • 白河市・県南の障害年金無料相談会は1/15(金)です。

    query_builder 2020/12/31
  • 障害年金分科会2020年度MVP

    query_builder 2020/12/28

CATEGORY

ARCHIVE