福島市の30代女性・双極性障害の方からのご相談

query_builder 2020/09/11
相談事例
福島障害年金相談センター

福島市で双極性障害の30代女性からご相談いただきました。障害者雇用でお仕事をされておりましたが、現在は休職し傷病手当を貰っているとのことでした。小学生のお子さんがおられる母子家庭で今後の生活の心配をされているようでした。

 

【社労士から一言】

初診日は厚生年金加入期間中の2006年、障害者雇用でお勤めして半年位。納付要件は大丈夫と年金事務所では言われた。「受診状況等証明書」は依頼した。6月から休職し傷病手当を貰っている。来年再婚予定があるそうで、提出時期により添付書類が増える可能性についても説明をしました。現在の診断書の記載内容とこれから作成する病歴・就労状況等申立書の整合性など申請のポイントもお伝えしました。専門家である社労士のサポートも選択肢にあることをお話しました。

NEW

  • 会津若松市の広告「シティナビタ」の設置場所が変わりました!

    query_builder 2022/05/17
  • 「国家公務員共済請求で双極性感情障害で障害厚生年金2級が決定し総額383万円認定されたケース」

    query_builder 2021/12/03
  • 「在職中でも両緑内障で障害厚生年金1級が決定し総額676万円認定されたケース」

    query_builder 2020/11/02
  • 「網膜色素変性症で障害厚生年金2級が決定し年額197万円、更新月迄の総額659万円認定されたケース」

    query_builder 2021/05/01
  • 「広汎性発達障害で障害基礎年金2級が決定し総額1,346万円認定されたケース」

    query_builder 2021/01/03

CATEGORY

ARCHIVE