「反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級となり年額156万円受給出来たケース」

query_builder 2020/11/11
精神疾患
福島障害年金相談センター

相談者:男性(40歳代)

傷病名:反復性うつ病性障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2

支給月から更新月までの総支給額:約299万円(年額156万円/内加算額22万円)

 

・相談時の相談者様の状況

  会津若津:アピオスペースでの相談会には奥様とお父様が一緒に相談にいらっしゃいました。1516年前に症状が出始め休職・復職・退職・実家へ戻り転職、この2年くらいは引きこもって生活をしていた。初診が東京へ単身赴任中のこともあり、どう書類を揃えたらよいのか、どのように申請をしたら良いかをご説明させて頂きました。

 

・相談から請求までのサポート

  初診直後から現在の病院に通院をしており、当初の「診療情報提供書」が残っていることが確認できた為初診日の特定をすることが出来ました。前年に精神保健福祉手帳の3級を取得しており、奥様の作成した申立書の下書きを参考に申立書を作成し提出しました。

  現症日と呼ばれる診断書作成の元となる受診日から3か月以内に提出をしないといけないのですが、これらの書類送りますと連絡を頂いたのはその1週間前でした。


・結果

  書類が届いて4日で提出したのですが、返戻もなく2ヵ月程で無事障害厚生年金2級として認定されました。

 

【社労士から一言】

 初診日が東京で15年ほど前の事なので、証明が難しいかもしれないと覚悟していました。また、3か月近く連絡も頂けなかったので書類を送ると言われた際には驚きもありました。

 直後に受診した現在の病院に「診療情報提供書」が残っていた為、受診状況等証明書が添付できない申立書に添付した上で初診日の申し立てを行いました。診断書にも明記して頂けたこともあり無事初診日が認められ認定もされました。書類の揃え方、申し立ての仕方により結果が変わることもあります・・。2級で良かった。

NEW

  • 「急性骨髄性白血病で障害厚生年金2級となり年額180万円受給出来たケース」

    query_builder 2020/11/11
  • いわき市の40代男性・統合失調症の方のご相談

    query_builder 2020/10/21
  • 「反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級となり年額156万円受給出来たケース」

    query_builder 2020/11/11
  • 喜多方市の50代男性・関節リウマチの方のご相談

    query_builder 2020/10/13
  • 「双極性感情障害で障害厚生年金2級となり年額125万円受給出来たケース」

    query_builder 2020/11/02

CATEGORY

ARCHIVE