「脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級が決定し年額122万円受給できたケース」

query_builder 2020/04/23
身体障害
福島障害年金相談センター

相談者:男性(50歳代)

傷病名:脊髄小脳変性症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2

支給月から更新月までの総支給額:約419万円(年額78万円/加算額44万円)

 

・相談時の相談者様の状況

  高血圧・狭心症・糖尿病もあり、原町市・秋田市・仙台市・福島市と4つの市で受診を繰り返しており、どこが初診であるのかがわからない。ここ2年ほどは同じ病院に継続して通院し主治医も診断書作成はしてくれると言っている。手帳は3級で体幹機能障害(歩行困難)、四肢の筋力低下は見られないが片足どころか両足でも立位を保持できず室内では杖使用、屋外では車椅子が必要である。電話でご相談を受けました。

 

・相談から請求までのサポート

  年金記録の確認と秋田市・仙台市の病院へ各々受診状況等証明書の作成が可能かどうかを問い合わせしました。通院歴は各々確認出来ましたが、申請する脊髄小脳変性症での受診歴は確認出来ませんでしたので、現在の病院で診断書(初診もこちら)をお願いしました。作成をお願いしたのは、肢体(主に歩行困難)と平衡機能・言語機能で、どちらも提出することとしました。


・結果

  リハビリ入院先が新潟であったりとご負担は大きい状況ですが、2か月弱の審査期間で障害基礎年金2級が決定し、約122万円/年額の受給が決定しました。

 

【社労士から一言】

 今回は体幹機能障害と平衡機能障害があったので2つの診断書作成をお願いし無事受給に繋げることが出来ました。今回のケースでも福島県障がい者総合福祉センター様に保管されていた手帳申請時の診断書・意見書(写し)を取得し参考とさせて頂きました。症状の変遷や初診日など取得時に作成して頂いた診断書・意見書に記載されている情報が受給に結びつくことがあります。

NEW

  • 「慢性腎不全(糖尿病性腎症)で障害厚生年金2級が決定(未支給で1ヵ月分のみ受給)したケース」

    query_builder 2020/09/29
  • 仙台市の社労士からご紹介いただいた仙台の50代女性・うつ病の方のご相談

    query_builder 2020/09/09
  • いわきで共に頑張ります!・・・社労士による障害年金サポート

    query_builder 2020/10/27
  • いわきでの相談会が再開しました!

    query_builder 2020/10/27
  • 仙台市の社労士からご紹介いただいた宮城県登米市の50代男性・慢性腎不全の方のご相談

    query_builder 2020/09/04

CATEGORY

ARCHIVE