「慢性腎不全(糖尿病性腎症)で障害厚生年金2級が決定(未支給で1ヵ月分のみ受給)したケース」

query_builder 2020/09/29
腎疾患
福島障害年金相談センター

相談者:男性(60代)

傷病名: 慢性腎不全(糖尿病性腎症)

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2

支給月の総支給額:約10万円(年額128万円)

 

・相談時の相談者様の状況

  10年以上前より糖尿病の治療を近医のクリニックで受けられていましたが、腎臓の数値の悪化のため総合病院へ転院。その後治療を継続されていましたが、癌にり患し一気に症状が悪化し人工透析となりました。治療のため長期入院状態となり、ご家族がご相談に来られました。

 

・相談から請求までのサポート

  がんについては、障害認定日前で請求できない時期でしたので、まず人工透析についての請求を行うこととし、初診日の証明を依頼しました。初診が10年以上前であったためクリニックでは詳細が確認できないと当初書類作成に難色を示されましたが、請求者の方が通院していたことは間違いないことは確認することができ、初診の日付は特定することができました。その後、現在の病院にて診断書を依頼し、病歴就労状況等申立書にはご家族より伺った内容をもとに現状の病状などを強調して記入し請求しました。

 

・結果

 障害厚生年金2級の決定がされましたが、残念ながら年金決定前の請求月の翌月にお亡くなりになり、未支給年金請求のお手続きを行いました。結果として1か月分の年金額をご家族にお受け取りいただく形となりました。

 診断書の作成に通常より時間がかかったとはいえ、もう少し早く請求書の提出ができなかったかと悔やまれる案件となりました。

 

NEW

  • 会津 べこぱすに掲載されています。12月相談会のご案内!

    query_builder 2020/11/29
  • 週刊クイック11/27号に掲載されています!

    query_builder 2020/11/28
  • 「双極性障害で障害厚生年金2級となり年額177万円受給出来たケース」

    query_builder 2020/06/17
  • 郡山市の50代男性・肺がんの方のご相談

    query_builder 2020/10/19
  • 「脳梗塞による肢体麻痺で半年特例に該当し障害基礎年金1級・年額97万円が受給出来たケース」

    query_builder 2020/04/08

CATEGORY

ARCHIVE