手続き代行

社会保険労務士による手続き代行には、労働社会保険の適用、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届、各種助成金の申請から就業規則の作成、変更まで幅広く労働に関わる業務があります。

・社会保険手続きの種類

社会保険には、大きく分けて社会保険と労働保険の二つがあります。社会保険はさらに医療機関などにかかる際利用する健康保険と介護保険、厚生年金の三つです。
労働保険は労災保険と雇用保険の二つのことです。

その手続き内容は従業員の雇用、退職などの異動時の社会保険加入、脱退手続きから病気、けがや出産による一時金、手当金の申請、年に一度の社会保険料の算定届などの手続きなどもあります。

社会保険の手続きで必要な書類には、健康保険、厚生年金保険被保険者資格取得届、雇用保険被保険者資格取得届、労働保険の概算、確定保険料申告書、労働者死傷病報告、時間外、休日労働に関する協定書などがあります。

・社労士が行うことのメリット

社労士がこうした手続きを代行することで企業が得られるメリットは、専門知識を持っている社労士が準備して作成することで、社会保険関連のあらゆる手続きがスムーズに完了できることが第一に挙げられます。また、もうひとつは、将来にわたっての納付や給付について、問題解決へのアドバイスができるため戦略的な経営の実現が即可能になります。もちろん社労士なら最新の法規にもスピーディに対応できます。社内で従業員が専門的な知識や法規を調べながら書類作成、関係官庁への申請などの複雑な業務に携わることは大きな負担にもなります。プロである社労士が一連の作業を代行することで、従業員の作業負荷を減らし、日常の業務に安心して専念できるようサポートします。

ページ上部へ戻る