労務相談

・労務相談とは?

労務相談というと、残業手当の未払いを従業員より請求された場合や、職場や職務上でのけがや病気の労災認定やセクハラやマタハラなどの働く女性からの訴えがあった際など、非常に様々な問題あります。問題が起きた時にどのような対応をして解決に向けていくのかということが非常に重要です。会社にとって大きな不利益をもたらす場合もあるからです。

企業と従業員との間で起こるこのような問題に真摯に向き合い、解決に向けて努力することが企業には求められています。対応の仕方によって社会的なイメージの損失につながってしまうことは避けなくてはいけません。

その他にも、従業員の労働条件や福利厚生、就業規則、キャリアアップのための訓練などの人材育成も労務相談のひとつです。

例えば新しく始まったストレスチェックは、近年どの企業でも増加しているメンタル不調の従業員の問題への取り組みです。

不調を早期発見し、業務負荷や生活面の改善を促すために活用することができるストレスチェックの実施から対策まで、企業の担当者を社労士がバックアップします。

・社労士に労務相談をするメリット

先にあげた従業員のストレスなど精神的な問題に関してのチェックを行うことはプライベートな部分でもあるため、ストレスチェック実施には細心の配慮が必要ですが、企業が真摯にストレスチェックへ取り組むことは、従業員にとっては職場環境の改善の発見にもつながっています。心の健康を意識することは不慮の事故を未然に防ぎ、効率的な生産性向上による収益をもたらすことが可能にします。

従業員の労働環境の改善に努め、人材育成に取り組むこと、福利厚生の向上やプライバシーへの配慮を怠らないことなどはコンプライアンスの部分に該当します。法令遵守は企業の価値としても評価の高い部分でもあります。そこで社労士の持つ専門知識でコンプライアンスの確認を行うことは企業の価値を高めることにも役立ちます。

私たち社労士は労務トラブルを解決できなくては仕方がありませんか。労務トラブルが起きない環境を整備していくことが使命だと考えています。

ページ上部へ戻る