ストレスチェック

ストレスチェックとは?

労働安全衛生法の改正により、事業所において常時使用する労働者に対し、医師や保健師等で心理的な負担の程度を把握するための検査を行うことです。

また、労働者50人未満の事業場は当面の間努力義務とされています。ストレスチェック検査の結果は本人に通知され、本人の同意なく事業者に提供することはできません。

また、検査結果が一定の要件に該当する労働者から申し出があった場合は医師の面接指導の実施を事業者に義務づけられます。

ストレスチェックの申し出を理由に労働者に不利益な取り扱いをすることを禁止しています。

この制度によって労働者のストレスの度合いを把握し、改善に向けた取り組みを事業所がしっかりと行っていくことが大切です。労働者のストレスを軽減していくことは事業所の損失を減らすことでもあるのです。

 

 

導入するメリット

ストレスチェックを導入し実施していくことで労働者のメンタルヘルスケアにもつながります。

 

労働者の疲労やストレスを把握し、不調によるパフォーマンスの低下を避けることもできるでしょうよりよい労働環境を整えて労働災害などの最悪の事態が起きることを未然に防ぐことができると考えればその意味合いは非常に大きいのではないでしょうか。

労働者が健全に就業することができる職場環境づくりへの重要な取り組みです。ストレスチェックの導入は業務の効率アップや生産性向上にも有効と言えます。

適切に実施するためにも個人情報への配慮と、労働者が正直にストレスを申告しやすいように事前に理解を深めることにも努めましょう。

ストレスチェックという繊細な部分への取り組みです。言うまでもなくプライバシーの保護などいっそうの配慮が不可欠です。安心してストレスチェックを受けてもらうことでこそメリットに為りうるのですから。真摯に制度に取り組むことが事業所における社会的責任を果たす意味でもストレスチェックの導入はメリットがあると言えます。

ページ上部へ戻る