がんでの障害年金申請に関するご相談

Q がんでの障害年金申請に関するご相談

平成11年9月に子宮がんで全摘出しました。初期だったので抗がん剤治療等は無く今は半年ごとの検診となっています。
翌々年転職しましたが、ストレスの為うつ病になり退職し3ヶ月ほど病院に通っていました。
身体の調子も良くなってきたので、薬も中断し仕事もし始めましたが、今年の4月頃からまた精神的に不安定になり、また薬を出してもらうようになりました。
パートの為休むとお金にならず毎月の生活費を考えると不安になり悪循環となっています。
20歳の子供がいますが小学6年から引きこもりで将来を考えると心配でたまりません。

A 答え

色々な心配事が重なり大変なことと思います。大まかに制度の説明をさせて頂きます。

①年金制度である為、初診日が国民年金であれば国民年金が、厚生年金加入期間中であれば厚生年金が貰えることとなります。
  ⇒直近1年か20歳以降で1/3以上の未納が無いことが条件となります。
②初診日とは、今回のお話しで行くとうつ病となり初めて病院へ行った日となります。厚生年金加入中でしょうか?
③初診日から1年半後を認定日と呼ぶのですが、その認定日から3カ月以内の診断書が取れれば5年を限度にさかのぼって貰える可能性があります。
④上記の認定日および現在の診断書で等級が決まります。目安として自立支援や精神福祉手帳等をお持ちになっていらっしゃいますか
⑤診断書が大きな比重を占めることとなります。主治医の先生にご相談されたことはありますか。あればどのような回答が来たかお知らせください。
上記のことがわからない場合でも相談会で遠慮なく質問をしていただければ大丈夫です。

また、20歳のお子様についても現時点または将来において受給の可能性もあるかと思います。制度を知らないと大きな不利益を受ける場合がありますので確認をしておいた方がいいと思います。

相談会は、原則として当センターに来て頂いておりますので都合のよい日時をお知らせください。ご自宅での相談会や希望の日時がある場合も遠慮なくお申し出ください。ただ、すでに相談会等が入っていることもあり日時は調整させて頂きますのでご了承ください。

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」