障害年金をもらうには、どうしたらよいのでしょうか。

Q  ご相談

障害年金を受給したいですが、障害年金をもらうためにはどうしたらよいでしょうか。

また、無料相談会に参加するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

A 答え

 

お問い合わせありがとうございます。社労士の瀬尾です。DSC_0023

障害年金をもらうには、大きく3つの要件を満たす必要があります。

 

①初診日の証明(医師による診断書等)

②初診日における年金の納付要件

③認定日及び現在の診断書

 

この3つについてご紹介いたします。

 

①初診日の証明(医師による診断書等)について

うつ病になって最初にかかった病院(医師)の診断書が必要となります。この日が在職中(厚生年金加入中)であれば、障害厚生年金の可能性があります。

また、この日が国民年金加入中であれば障害基礎年金(国民年金)の可能性があります。公務員の場合は共済年金とお考えください。

 

②初診日における年金の納付要件について

初診日の2か月前の直近一年に未納がない。

または20歳~初診日の二か月前まで2/3以上免除または納付(1/3以上の未納がない!)をしている。

 

③認定日及び現在の診断書について

初診日の1年6か月後を認定日と呼びますが、この認定日から3か月以内の診断書が取得できれば5年間を限度に遡って請求することができます。

診断書が取れない場合は現在の診断書で今後の分を請求することとなります。

 

相談会では上記のような内容を確認するため、HPのトップページ左側にあるピンクの相談表をできる範囲で記入して頂き、下記のようなものを持参して頂き無料相談会を開催しています。  

 

〇年金手帳・・年金の記録確認に必要なため  

〇診断書の写し・・自立支援や障害者手帳申請時に提出したもの等があれば。  

〇診察券やお薬手帳・・通院の履歴や飲み薬等の記載が必要な書類もあります。  

〇日常生活でお困りのこと等メモ程度のものでもあれば助かります。

 

一番目は初診日(いつからうつ病になったのか)の特定。二番目に診断書が取得できるかどうか。

その点を確認するために相談会にて資料と状況を確認させて頂きます。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」