主治医が受診状況等証明書を書けない

Q  ご相談

「働きなさい」と言われ、 薬をもらうために勇気を出して外出してます。

それがわかってもらえず辛い思いをしてます。

また自殺をはかりましたが、恐くて死にきれませんでした。

家族に迷惑をかけたくない。その一心で連絡させて頂きました。

A 答え

DSC_0351

お問い合わせいただきありがとうございます。

福島障害年金相談センターの瀬尾と申します。

いただいたメールに、主治医様から受診状況証明書を書いてもらうことができず、お辛い思いをされているとのことでしたので、ご自身で障害年金についてお調べになっていらっしゃるかと思いますが、障害年金を受給するためにはいくつかの要件を満たしている必要があります。

①初診日要件:初診日を特定して、当時の病院で初診日の証明をしていただく。初診日に国民年金・厚生年金などに加入していること。→「受診状況証明書」を記載していただく。

②保険料納付要件:初診日の前日において、保険料の納付要件を満たしていること。
→年金事務所で納付記録を確認する。

③障害状態要件:初診日から起算して1年6月を経過した日(=障害認定日)または現在において一定の障害状態にあること。
→主治医に診断書を書いていただく。

最低限この3つを満たしていれば、請求することは可能です。

受給できるかどうかの判断は、年金機構の認定医が行うことになります。

◯◯様の病状などが分かりませんので、概要について簡単にご説明いたしましたが、目安としては、日常生活がなんとかなり、仕事に著しい支障があるという状態で3級相当になります。(3級は初診日に厚生年金に加入していることが必要です。)

現在通院中の主治医様に◯◯様の症状をご理解いただいて、障害年金の診断書を記載していただけるか、再度ご相談いただければと思います。

当センターでは、書類不備、問い合わせ対応などにおいて、◯◯様の負担を減らすこと、時間のかかる提出を迅速に行うこと、受給する確率を高めることなどでサポートさせていただくことができます。

また不支給決定がされた場合に審査請求や再審査請求を行うこともできます。

当センターでのサポートをご希望される場合には、次回開催予定の相談会への参加をご検討ください。

8月が期限という事ですので主治医とよく相談の上、記載された内容の確認と期日を守られますようお伝えいたします。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」