右股関節滑膜性骨軟骨腫症なのですが障害年金の受給は可能でしょうか?

Q  ご相談

股関節に痛みを感じ病院で診察を受けました。
CTやMRIなど画像にて確認していただき、別の病院を紹介されました。

上記診断を受け入院手術をしましたが、完治はせず、
3年間にわたり経過観察で定期的に通院してました。
その間も痛みがあるので薬を処方していただいてましたが、
平成25年ぐらいより痛みが増し始めこの度、再度入院手術となりました。

運転手という仕事を当時よりしており、今現在も継続しておりますが、
痛みのせいで制限が多く他の従業員が出来る様な仕事も無理してやったりでかなり苦痛です。
今後も仕事は続けるつもりではおりますが、
あまり無理もしたくないしなるべく楽な方へまわしてもらうつもりです。
そうなると収入源も減り、震災で建て直した家のローンもあり悩んでおります。
仕事面だけではなく、私生活面でも正座やあぐらがかけない。
また寝る時はうつ伏せで寝ないと痛みがある階段の昇り降りがきついなど支障があります。
脚の可動域が狭いためきをつけも数秒しか出来ません。

精神的にも嫌になり休みの日は閉じこもり気味です。
インターネットでいろいろ調べた結果、障害年金という制度を知り相談したいと思いました。

受給資格があるかどうかを含めて御回答いただければ幸いです。
それから今回の手術を受けても完治とはならず、
再度同じ様な症状になる可能性はあると医師には言われております。

それではよろしくお願いいたします。

A 答え

お問い合わせいただきありがとうございます。
福島障害年金相談センターの瀬尾と申します。

お聞きした内容で可能性のお話しとして回答させて頂きます。DSC_0018
障害年金の申請に当たっては最低限、次の要件を満たす必要があります。

①初診日が特定できる(当時加入している年金制度も関係があります)
②初診日の前日において納付要件を満たしている
③認定日(初診日から1年6ヶ月を経過した日から3ヶ月以内)又は現在で診断書を作成して貰える。
④家族構成等により異なるが添付書類を添えて申請する

具体的に回答をしていきますと

①初診日はH25.10.26とします。
この日に厚生年金加入中であれば障害厚生年金(1級~3級)として請求。
国民年金であれば障害基礎年金(1級または2級のみ)として請求。

②H24.9~H25.8の1年間において未納が無い(ずっと厚生年金に加入していた。国民年金を免除申請または納付していた)又は20歳の誕生日まで遡って1/3を超えて未納が無いことが必須。

③H27.4.26~H27.7.26の間に受診した日で診断書が作成してもらえればH27.4.26に提出したものとして審査を受けられる可能性があります。(当時で認定基準を満たしていれば遡及してもらえる可能性があります)

あとはこれから計測・検査等の予約を入れていただいて診断書を作成して頂ければ、提出した翌月から受給権が発生する可能性があります。
人工股関節等を置換された方が3級に認定されますので、
症状をきちんと診断書に書いていただければ3級以上に認定される可能はあるかと思います。

ただ、障害厚生年金での請求出なければ2級以上でないと貰えません。

相談会では初診日がその日で正しいのか、現在の症状がどの程度に該当するのか、
申請に当たっての注意点等についてはお話できるかと思います。

今月は25日にラトブにて出張相談会を開催致します。
お時間は予約の関係で夕方以降になるかと思いますが
資料等一式をご持参の上相談会の利用をご検討頂ければ幸いです。

また、主治医の協力は不可欠ですので
次回受診時には主治医または病院の相談員等にもご相談していただければ幸いです。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」