うつ病による障害年金の受給は可能ですか?

Q  ご相談

 

2007年頃に初めて精神科にかかり、中程度のうつと診断され薬を処方されましたが、

独断で中断してしまいました。その後、たびたび通院しながら過ごしていましたが、

家庭生活や仕事に支障が生じ、2015年7月に新たに診察を受けた病院で、

1ヶ月求職するようにと診断書を頂きました。結果、3ヶ月の求職後に復帰しました。

以後、1日2回のストラテラ40gと、夜はトラドゾン25gを服用しています。

現在、別部署に務めて4ヵ月ですが、先日から体調崩し再び休んでいます。

カウンセリングサービスで障害年金制度を知り、

今後もし働けなくなった場合に備えて相談したいと思い、メールいたしました。

 

A 答え

 

お問い合わせありがとうございます。DSC_0023

障害年金を申請するための要件:下記の3つが最低限

①初診日が特定できる

②初診日の前日において納付要件を満たしている。

③診断書を書いて頂ける。

をお聞きした状況から判断すると次の通りとなります。

①2007年又はそれ以前か2015年7月で初診日を証明できる

②初診日が厚生年金加入期間中であるか否かで制度(手厚さ)が変わります。

③診断書は認定日(:初診日から1年6ヶ月経過した日)から3ヶ月以内の日付であれば

遡って申請可能。後は現在の診断書となります。

申請した後、②初診日が国民年金であれば2級以上、厚生年金であれば3級以上に

該当すると認定された場合に受給できる可能性があります。

あくまでも提出した診断書に基づいて判断されますので主治医に障害年金の診断書作成が

可能であるかご相談していただければ幸いです。

その上で申請に向け当センターのサポートが必要であれば、

福島市又は郡山市で毎月開催しております無料相談会にお越し頂き、

改めて制度のご説明と症状等のヒヤリングを行い申請・受給の可能性について

お話させて頂ければ幸いです。ご検討ください。

またはメールにて詳細をご連絡頂ければ回答させて頂きます。よろしくお願いいたします。

福島障害年金相談センター 瀬尾 征秀

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」