左股関節機能全廃で障害年金はもらえますか?

Q  ご相談

傷病名: 左股関節機能全廃、右股関節の著しい障害左足5センチ以上短縮

初めてメールさせていただきますお忙しい中すみません、生まれながら股関節脱臼で不自由な体でしたが、なんとか生きてきました。

しかしながら、歩く事も出来なくなり、平成24年11月に身体障害3級を受けました。

厚生年金は三年位しか入ってなかったのですが、いくらかの収入があればと思いメールさせて頂きました。

生まれながらの私は身体障害をもらわずに生きてきて今更は、もらえないのでしょうか?

解りません、どうぞ教えて下さい、お願い致します。

A 答え

お問い合わせいただきありがとうございます。福島障害年金相談センターの瀬尾と申します。DSC_0023

障害年金を申請する為の要件として、お問い合わせの内容から判断すると

①20歳より前に通院していたことの証明を当時の病院で取得する

②現在の状態を主治医に診断書に記載してもらう

③可能であれば20歳の誕生日前後3ヶ月以内で診断書が作成可能か確認して頂く

その上で、診断書に記載された内容で2級相当と認められると障害基礎年金(年額780,100円)を貰える可能性があります。書類が揃えられるかどうかが鍵となりますので、まずは現在の主治医に診断書の作成と一番古い通院記録がいつなのかを確認して頂ければ幸いです。

 

①に関して厚生年金加入期間中に初診日(受診した記録)が取れれば可能性が高くなります。

また、62歳ころから厚生年金の一部が受給できるはずですが、その際に診断書を添付することで受給金額が増える特例に該当する可能性もあります。

現在の障害の状況がよくわからないため、上記記載のように主治医への診断書作成の可否、

年金の納付記録の取得を可能であれば行っていただき再度ご相談いただくか郡山市の中央公民館で行っている相談会(毎月開催:次回は10/25)にお越しいただくことをご検討頂ければ幸いです。

福島障害年金相談センター 瀬尾社会保険労務士事務所 瀬尾 征秀

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」