反応性関節炎や上強膜炎など複数傷病を患っています

Q  ご相談

平成26年9 月末に風邪で熱を出し関節痛が出て翌日熱が下がったのですが2~3日頃から前進激痛で病院を受診。 

結果は『反応性関節炎』『眼の上強膜炎』と診断されました。現在治療中ですが数ヶ月前から『両指のヘバーデン結節』にもなりました。

現在は薬で関節炎の治療と眼の炎症の治療。整形外科で膝の水を抜いたり足の指の爪が薬?病気?で変形した為、皮膚にめり込み化膿しているので通院治療中です。 

生まれつき半月板が左右大きさが違うので膠原病になる以前から整形外科に通っています。 元々、咳喘息で治療してましたが膠原病になってからひどくなったので治療中です。 

嗅覚過敏症で耳鼻咽喉科で治療中。メニエール病も膠原病になる前に治療してましたが眼の上強膜炎の為、薬を飲むと赤くなり充血するので現在治療は中止してます。

空気が悪かったり、室内温度が高いと呼吸困難になるので現在仕事は体調を考慮してもらい会社内で移動しました。

障害申請を聞いた所、整形外科とリウマチ科では駄目と言われましたが年金セーターで相談したら3級位にはなるでしょう。と、言われました。4月から年金手続きが可能です。

 

A 答え

 
お問合わせ頂きありがとうございます。福島障害年金相談センターの瀬尾と申します。
 
傷病が複数あり、大変なご苦労をされていると推察致します。
3級位になる?と言われた傷病について、初診日の特定、初診日における納付要件の確認、
1年6カ月後&現在の診断書も必要になるかと思います。DSC_0023
申請出来うる傷病について、主治医の先生と御相談されるのが第一かと思います。
 
相談会では、症状の聞き取りやどれを選択して申請をするか等についてもお話しできるかと思います。
また、メールで詳細をお知らせ頂いても構わなければメール相談もご利用頂ければ幸いです。どのようなサポートを望まれるのか返信いただければ幸いです。
 
福島障害年金相談センター 瀬尾社会保険労務士事務所 瀬尾 征秀

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」