医師から手術を勧められ、足を引きずって歩いている状態です。

Q  ご相談

16年程前に歩けなくなって病院に行ったところ、生まれつき骨がなかったのではないかと言われました。

医師から手術を勧められ、足を引きずって歩いている状態です。

 

 

A 答え

 

お問い合わせありがとうございます。社労士の瀬尾です。DSC_0023

股関節等に激しい痛みが出て人工関節を入れざるを得ない方々がいらっしゃいます。

人工関節置換術は、痛みは軽減され多少の制約は残りますがお仕事に復帰される方もいらっしゃいます。

人工関節置換術で手術をされた方は3級と認定されますが、ご質問の方のように先天性の可能性の高い方や国民年金加入時に初診日がある方は、国民年金の取り扱いとなり厚生年金にしかない3級では障害年金を受給することができません。

相談会では幼少期や学生時代、社会人となってからなどの生活状況を聞き取り、いつ頃から発症し医師の診察を初めて受けたのがいつになるのかを丁寧に聞き取ります。

初診日や診断書は医師の書く書類となっておりますが、カルテの保存期間(5年)を超えると記録がなくなっている等の問題も生じてきますので、じっくりと話を聞いて可能性を探るよう心がけております。

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」