人工肛門増設での障害年金でのご相談

 Q ご質問

身体障害者手帳4級で認定されましたが、現在年金も支給受けていますが、障害者年金受給できますか?

 

A 答え

ご相談ありがとうございます。社労士の瀬尾です。DSC_0023

お問い合わせありがとうございます。

詳細がわかりませんが、

①現在受けている年金が特別支給の厚生年金だけであり繰り上げはしていない

②診断書を書いて頂ける

③現在は働いていない(厚生年金加入)

⇒障害者特例に該当し、定額部分と呼ばれる金額が増える可能性があります。

④更に症状が重く日常生活に著しい支障がある・・と診断書に記載されている

⑤初診日と呼ばれる初めてその疾病で医師の診断書受けた日が年月日まで特定できる

⑥上記⑤について医師の証明書が取れる

⇒障害年金の申請をして認められれば国民年金が満額支給となる可能性があります。

⇒実際は65歳になった時に選択することとなります。

⑦初診日が厚生年金加入中で、その1年6ヶ月経過した日(その日から3ヶ月以内)の診断書が書いてもらえる

⇒1年6ヶ月が経過した日に遡って認定される可能性もあります。

 

詳細は確認してみないとわかりませんが、年金が増額となる可能性はあると思います。

何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

または資料(病歴や年金手帳等)をお持ちになってアオウゼでの相談会へお越しいただいても構いません。相談会は予約制ですのでどちらの時間帯がよいかご連絡頂ければ幸いです。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」