現在歩行は可能な状況ですが、障害認定はされますか?

Q ご相談

はじめまして。

私の母は出生時より先天性股関節異常があり、10年ほど前に左足、数年前に右足の人工股関節置換術を行いました。

現在歩行は可能な状況ですが、障害認定はされますか?

また、南会津に住んでいるのですが、申請はどこに行えばよいですか?

 

 

A 答え

ご質問ありがとうございます。

人工股関節置換術をされた方は障害年金の3級以上に該当する可能性が高いです。

 

お母様の場合ですが、文面から判断すると、

①先天性股関節以上

⇒ 障害年金では先天性だと20才前が初診日と認定され障害基礎年金の取り扱いとなる

⇒障害基礎年金では、1級と2級しかないので日常生活に支障が出ている旨の診断書が必要

⇒診断書により2級と認定される可能性はあります。

 

②お母様のご年齢が65歳以上であると、障害年金を申請することは困難かと思います。

⇒65歳からは老齢年金でカバーされる為で通常はどちらか有利な方を選択します。

 

③申請は・・お近くの年金事務所か役場でも国民年金課で受付してもらえます。

通常は、郡山にお越しいただき無料相談会にて制度の説明と状況のヒヤリング、申請を進められるかどうかの判断等を行っています。

お時間を確保していただいて相談会に来ていただくか、詳細をご連絡頂き可能性の検討を進めていくかご検討頂ければ幸いです。

 

通常お聞きする内容は、

①お名前、生年月日、傷病名

②初診日(初めてその症状で医師の診断を受けた日)・・ここの日付は重要視されます。何月何日まで特定が必要です。

③現在までにかかった病院名やかかっていた時期、当時の生活状況・就業状況等

④お手持ちの資料(診断書の写しや障害者手帳、お薬手帳、診察券等)

HP左上の相談票に記入して再度ご連絡頂ければ、可能性の判断もつきやすくなるかと思います。ご検討ください。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」