発病当時の記録が全くないのですが、障害年金受給は可能でしょうか?

Q ご相談

15年程前から糖尿病と診断されました。

その後治療もしなかった為、2年程前から人工透析を受けています。

当時の記録が全くないのですが、受給は可能でしょうか?

 

A 答え

DSC_0018お問い合わせいただきありがとうございます。

福島障害年金相談センターの瀬尾と申します。

当時の記録がなくても受給することが出来るのですか?
・・・ということに関しての回答を求めていらっしゃるのでしょうか。

難しい回答となりますが、
出すものがなければ書類不備となり受給できない可能性が高い・・・が一般的な回答です。

何点か確認をしないとなりませんが、制度の内容も含めてご説明させて頂きます。

 

申請に必要なもの(ご質問いただいた内容に基づいての回答となります。)

①現在のご年齢が65歳よりも前である。(65歳の誕生日の前日までに申請が可能である)

②15年前に糖尿病と診断された日が特定でき、それを(出来れば)当時の病院で証明してもらえる。

③②(初診日といいます)の時点で直近1年2ヶ月以内に未納がない又は20歳までさかのぼっても1/3を超えて未納がない。

④現在透析を受けている病院で透析開始の日を含め診断書を書いて頂ける。

⑤戸籍謄本や住民票等の添付書類を揃える。

となります。

人工透析は2級に該当すると例示されており、
初診日が特定できれば傷害年金が受給できる可能性が非常に高いです。

 

明確に受給できない要件は次の3つです。

1.65歳となる又は60歳以降に国民年金を繰上げして受給している。

2.初診日が特定できない。

3.初診日において納付用件(上記③)を満たしていない。

可能性の話で行けば、2年前から透析開始となる直前の通院歴や、
こ15年ほどの健康診断の結果等を出来るだけ探して頂き、
相談会にお持ち頂ければポイントの整理と受給の可否についてお話できるかと思います。

ご検討頂ければ幸いです。

 

福島障害年金相談センター 瀬尾社会保険労務士事務所 瀬尾 征秀

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」