大動脈弁狭窄症に関する障害年金申請のお問い合わせ

質問

本年1月14日手術し、人工弁置換術を行いました。19歳から役所に勤務し現在に至ります。
障害年金の受給対象となるのでしょうか?

答え

人工弁置換は3級に相当するものですが、先天性の場合は2級以上(日常生活に著しい障害がある程度)に該当しないと難しい。また、共済の場合給与との調整があり実際には支給されない(支給停止の)場合があります。
障害年金には、初診日という概念があり大動脈弁狭窄症で初めて病院を受診した日が公務員となってからであれば共済に該当し先天性のものであれば国民年金に該当することとなっております。
大まかには、上記の通りですが
①初診日がいつになるか
②共済となる場合、支給停止になるか
③支給見込み額はいくらになるか
等につきましては、詳細をお聞きしないと判断できない部分があります。
方法は二つあるかと思います。資料等をお持ちいただき相談会にお越しいただくか、役所の相談窓口(共済)にお問い合わせいただくかです。
ただ、年数が経過すると診断書等がとりづらくなる(書類の保存義務は5年間です)為支給停止となっても申請はしておいた方がよいと思います。
相談会(無料)は原則郡山で開催しておりますが、ご要望があれば出張相談会も開催しております。ご検討下さい。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」