大動脈炎症候群に関する障害年金申請のお問い合わせ

質問

特定疾患の大動脈炎症候群を患っており、現在もステロイドを服用し治療中です。その他にもたくさんお薬は服用しており、体調が悪いときは患部(私は頸動脈に炎症があります)が痛み、ものすごい倦怠感に襲われます。大動脈炎症候群は発症して、5年になります。いわき市では診れる先生がおらず、郡山の病院まで2ヵ月に1度通っています。合併症などで、眼科、皮膚科、神経内科、循環器、などたくさん治療しています。突然体調不良になることもあり、いわき市から夜間、郡山まで来て入院したこともありました。

その他に、甲状腺機能低下症も治療中。IgA腎症も診断されました。

私のこの大動脈炎症は対象になるか知りたいので、教えてください。

答え

対象となりますが、貰う為にはいくつかの要件があります。

【症状としての要件】
・主に重症認定されると言われているのは次の4つです。
 ①目の障害
 ②肢体(身体)の障害・神経系統の障害
 ③心臓疾患
 ④腎臓疾患
・上記はそれぞれ診断書の様式と認定基準が異なります。状況によっては1つ~2つ程度の診断書を取る必要があるかもしれません。

【年金の納付要件と確認事項】
・大まかに言うと次の二つです。
 ①5年前頃で初めて病院へ行った当時ですが、お勤め(厚生年金加入)・主婦(3号被保険者)・自営等(国民年金)のどれに該当しますか?
 ②その直前1年半くらいに未納していた期間はありますか?

【診断書が取得できるか】
・発症が5年前くらいということであれば、おそらくカルテは存在(保存期間は5年間)していると思います。また、この間の通院等の履歴等のわかる資料等(診察券やお薬手帳、特定疾患や障害者手帳、保険等請求時の診断書等やねんきん定期便・年金手帳等)があればそれらも必要となってきます。(⇒申立書に記載が必要なため)

障害年金の制度は、その病気になってもらえるものと考えるよりは、その病気になった結果として日常生活にどの程度支障が出ているのかを基準として判定し決定されるものであると言えます。

 ①目の障害:主に視力の低下と視野が狭くなること。
 ②肢体(身体)の障害・神経系統の障害:どの程度動いてどの程度の生活が送れるのか。
 ③心臓疾患:心不全等の症状や数値等
 ④腎臓疾患:検査結果の数値や人工透析の必要性等
等が主な認定基準を簡単に示したものです。これらの状況や数値はお問い合わせのメールでは確認できない為、これ以上可能性があるとかないとかの判断は難しいと思います。

2か月に一度郡山までいらっしゃるのであれば、その際に当センターへ資料等をご持参し着て頂ければ相談会(無料)にてもう少し可能性についてお話しできるかと思います。また、おそらくその病院様の規模であれば、受付の横あたりに相談室(地域医療連携室等の名称もあります。)がありソーシャルワーカーがいらっしゃると思いますので、ご相談されてみるのも一案です。また、詳細をメールでご相談いただいても結構ですのでご検討下さい。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」