緑内障に関する障害年金申請のお問い合わせ

質問

主人は平成16年に緑内障と診断され、眼圧を下げるための目薬を現在まで使用しています。
該当となる疾病名の中に緑内障と表記してありましたが、障害年金需給対象になるのでしょうか。
また、対象になるとした場合どの程度の障害に該当するのでしょうか。
勤務しておりますので、保険料等は源泉徴収で納税しているはずです。
ある程度情報を収集してから、ご相談したいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

答え

大まかに申しますと、緑内障の結果として
①視力障害(視力の低下)
②視野障害
③その他の障害(まぶたの欠損・運動障害や眼球・瞳孔の障害等)
が診断書にて確認された場合、可能性が出てきます。特に①と②は基準となる数値が定められておりますので、お手元に診断書等(保険請求や障害者手帳の申請等)がございましたら資料としてお持ちください。

視力のみでいうと 
1級:両目の視力の和が0.04以下のもの
2級:両目の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
3級:両目の視力が0.1以下に減じたもの

その他にも診断書に記載される傷病等があれば考慮される場合もあります。

後は年金制度の為、概ねですが平成14年以降ずーっとお勤めで厚生年金をお支払であれば納付要件は満たすかと思います。

緑内障である以外のお体の状況が分かりませんので中途半端な回答となり申し訳ありません。

無理に診断書等を取得(お金がかかります)する必要はありませんので、健康診断の結果であったり、病院の履歴、お薬手帳、年金特別便等があればそろえて頂ければと思います。

一つの判断方法として、主治医の先生に「障害年金か障害者手帳の申請をしたいと思いますが、先生はどう判断されますか。」と聞いてみてください。申請する際には主治医の診断書が必須となりますのでご相談されてみてはいかかでしょうか。

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」