脳腫瘍に関する障害年金申請のお問い合わせ

質問

15歳の時初めて脳腫瘍にかかり、現在まで4回の手術をしてます。

3回目の手術をした時から両手両足にしびれが残って、現在仕事もできません。障害者年金はもらえないでしょうか?

答え

①15歳の時に脳腫瘍として行った病院で“初診日の”証明書が取れて(カルテが残っていて等)

②現在の病院で日常生活が著しい制限を受ける程度の診断書を書いてもらえる

ならば、障害基礎年金2級(年額¥772,800-)が提出した翌月からもらえる可能性があります。

通常郡山で開催している相談会(1時間判定度)では、障害年金の制度の説明と現在の障害の程度、障害が発生したと思われる傷病の初診日(初めて病院へ行った日)をヒヤリングさせて頂き受給の可能性を検討していきます。初診日は医師の証明に依るものですから、必ずしも上記の15歳時点とは限りません。検討の余地はあるかと思います。

現在が障害の状態に無い、年金の納付記録で要件を満たさない場合には難しいかと思いますが、可能性の確認をするということで相談会をご活用頂ければ幸いです。

また、お手元に障害者手帳をお持ちであったり、障害者手帳申請時や保険請求等の診断書の写しがありましたら参考となりますので添付してお送りいただき検討することも可能です。お時間をとって頂き相談会にお越しいただければと思います。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」