複雑化した状況を整理するサポートで受給が決定したケース

相談者:女性(20代)

傷病名:発達障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

次回更新月までの総支給額:約255万円 (事後重症請求:年額124万円、子の加算:年額22万円)

 

相談時の相談者様の状況

カウンセリングを担当する心理士の方から相談を受け、村の公民館で面談となりました。
一度請求の手続きをご本人様とお母さまとで検討していたそうですが、年金事務所で聞いても理解が出来ず専門家(=社労士)にお願いしてみてはどうかとお話しされて相談と受けたカウンセラー同席での相談会となりました。

 

相談から請求までのサポート

手続きを進めるにあたり、既にお持ちになっていた診断書等を確認させて頂きました。その中での問題点は、初診日の特定、軽度と診断された知的障害、複数の症状が有る、診断書の記載内容に一貫性が見られない、書類をまとめることが出来ない等でした。問題点の把握と整理を行い、1つずつ順番に問題を解決していきました。主治医との面談同席とソーシャルワーカーとの打ち合わせ、カウンセラーからの情報提供、村の相談担当員のご尽力とONE TEAMで取り組みました。

 

結果

高校卒業後の仲居さんとして勤めていた時が初診日として認定され、障害厚生年金2級で決定しました。ご主人・お子さん・お母さんとの関係も少し改善されたと後日お聞きすることが出来二重の喜びとなりました。

 

我々社会保険労務士が専門家(=プロ)として取り組むことも必要ですが、様々な立場の方のお力をお借りしてサポートすることが必要なんだと強くおもわされた案件でした。障害年金を受給することで、金銭的にはもとより精神的にも余裕が生まれ人間関係の改善にも貢献出来る素晴らしい価値のある仕事だと改めて思います。


 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」