右大腿骨頚部骨折で障害厚生年金3級が決定し総額1,200万円受給できたケース

相談者:女性(40代)

傷病名:右大腿骨頚部骨折(人工骨頭置換術)

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から65歳までの総支給額:約1204万(年額58万:最低保証額、更新無しの為65歳で老齢年金受給まで)

 

相談時の相談者様の状況

知人の女性がチラシを見てお電話をくださりご予約をされました。
当初はその知人が相談会に来る予定でしたが、時間が取れたから説明を聞きたいとご本人が参加されました。障害者手帳は4級だし対象ではないと思うが、地元(白河市)で初めての相談会開催なので聞いてみようと思いました、とのことでした。

 

相談から請求までのサポート

人工骨頭になった際の経緯を1つ1つ確認しながら聞き取りを行いました。発症が平成19年1月のことなので、当時の記録が保存されているかどうかが一つの鍵でしたし、必要書類の説明もきちんと行いました。
実は、ご本人が受診状況等証明書(初診日の証明)、診断書、添付書類を取得された上でご依頼を頂いた為、相談会(3/25)、受託日(5/20)、年金事務所への提出(5/28)と書類をお預かりしてからはわずかな時間で、確認・訂正依頼・書類作成・提出となりました。

 

結果

2019年7月11日付で無事障害厚生年金3級が決まり、平成19年1月の手術日に遡って認定(支払いは事項の関係もありH26.4以降です)され遡及分は一括で支払われることとなりました。現時点では、人工関節(人工骨頭含む)は障害者手帳の対象から外されていますが、障害厚生年金では更新もない(一部の共済を除く)為他の年金の受給権が発生するまでは継続して受給することが出来ます。
相談会から4カ月で決定通知が届くことは非常に珍しいですが、色々な偶然が重なり今回のような良い結果となりました。白河市での相談会を始めてよかったと心から思います。

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」