乳癌・多発骨転移で総額310万円受給できたケース

相談者:女性(40代)

傷病名:乳がん、多発骨転移

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約310万円(年額130万)

 

相談時の相談者様の状況

当初頸椎の痛みを感じられ近医を受診、悪化したため総合病院へ入院し治療を受けていたところ、乳がんが発見され、乳がんによる頸椎転移と診断されました。詳しい検査をしたところ、全身の骨転移により頸椎だけでなく体の広範囲において骨がもろくなっていることが判明し、直ちに常時頸椎コルセットを装着、車いすの生活となられ、日常生活に大きな支障が出ておられました。

 

相談から請求までのサポート

障害認定日より1年以上経過していたため、障害認定日時点と請求日時点の診断書を取得しました。
がんの疾病ですが、肢体の不自由さが主体の病状であったため、請求日時点については肢体の診断書とその他の診断書の2つの診断書を提出しました。
障害認定日時点で車いすの状態であったため、2級相当と考えておりましたが、障害認定日時点3級、請求日時点2級との異なる決定がされたため、審査請求を行っています。

 

結果

請求日時点では、障害厚生年金2級の受給が決定し、配偶者の加算も加わり約130万円の受給が決定しました。
審査請求では、新たに障害認定日時点での肢体の診断書を添付し、可動域等の計測はないものの請求日時点での計測値と同等である旨の主張をして、処分の取り消しを求めています。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」