アスペルガー症候群で障害基礎年金2級が決定し、総額155万円受給できたケース

相談者:男性(30代)

傷病名:アスペルガー症候群

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約155万円(年額78万)

 

相談時の相談者様の状況

対人関係の築きにくさはあったものの、高校生まで通常学級で過ごし、大学卒業後に資格取得のため努力を重ねられたものの、結果が出なかったことでうつ状態となり病院を受診されました。その後、通われていた病院の廃院等があったことや、病状が改善しなかったことなどから、いくつか病院を変えられていました。
心身の脱力・無気力状態が継続しており、就労を試みて軽作業時に従事することもありましたが、対人関係の苦手さから数カ月で体調を崩し離職されるなど、現在までほとんど就労ができていない状況でした。

 

相談から請求までのサポート

初診が15年ほど前であったため、廃院となっていたり、カルテが破棄されていたりしていましたが、ご自身が保管していた自立支援医療制度申請の診断書の写しに初診日の記載があったため、書類を添付して請求を行いました。
発達障害を原因として現在の傷病が発生しているとされたため、生来より病歴就労状況等申立書を整備し、社会生活における困難さについてご本人より聴き取りをしながら記入を行いました。

 

結果

障害基礎年金2級の受給が決定し、約155万円の受給が決定しました。
初診日については、無事に当初の初診日が認められることとなりました。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」