知的障害で認定日(20歳)に遡って受給できたケース

相談者:男性(20代)

傷病名:知的障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約251万円(認定日請求:年額77万、遡及額45万)

 

相談時の相談者様の状況

お父様が面談に来られました。
20歳当時に受診した病院はあるがその後は受診もしていない、今は就労支援で毎日仕事には行っている、該当するものであれば申請をしたい、と相談会にいらっしゃいました。
相談会の中で、今までの通院状況や現在の仕事の状況等も聞かせて頂きました。

 

相談から請求までのサポート

20歳当時受診した病院を再度受診していただくことをお伝えしましたが、ご両親とも不安が大きく受診時に同席させて頂きました。
診断書に記載していただく日付や認定基準などについて主治医へお伝えさせて頂きました。またご自宅で生活状況の聞き取りもさせて頂きました。小学生の妹さんがおり、お母さま曰く「20歳でもやることは妹と同じ、でもこの子はとても優しいんです。」とのことでした。

 

結果

20歳の誕生月に遡って2級が認められました。ご両親の負担も少しは軽減できたかと思います。
主治医の協力も得られ、タイミングよく受診もされていたため、遡っての認定を取ることが出来ました。

 

話を聞いているときも、じっとこちらを見つめていたり妹さんと仲良く過ごしていたり、周囲のサポートがあると穏やかに過ごせるものだと教えて頂きました。
車の免許取得や一人で通勤したりなど、出来ることもゆっくりではあるが増えてきているとのこと。生活の一助として障害年金は役に立っていることを痛感しました。


 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」