人工膝関節の手術後の請求で無事受給できたケース

相談者:女性(50代)

傷病名:右変形性膝関節症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約580万円 (事後重症請求:年額58万円、更新はなく老齢年金が受給出来る際には選択となります)

 

相談時の相談者様の状況

ご本人がいらっしゃいました。
人工関節の手術を控えているということで相談会を利用されたようでした。
認定基準などをお話しし、請求に対しては前向きなご様子でした。

 

相談から請求までのサポート

初診の病院へ受診状況を問い合わせ、受診状況等証明書を取得しました。
その後、人工関節の手術をした病院で診断書を取得し、請求を行いました。

 

結果

人工関節の手術後に請求を行い、無事障害厚生年金3級が決定いたしました。

 

初診日が7年前でしたが、当時の病院に記録が残っており相談会から6か月で年金証書交付となり比較的スムーズに進んだ事案でした。
初診日の特定には時間がかかることもあり、症状によっては診断書も取り直しも多々あります。
ご本人様、ご家族様だけで進めることが難しいケースも多いです。その際にはお近くの専門家(社会保険労務士)をご活用ください。


 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」