初診日の証明が出来ないので申請出来ないとご家族が相談会に来たケース

相談者:女性(30代)

傷病名:統合失調症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約238万円(事後重症請求:年額77万)

 

相談時の相談者様の状況

施設に入所し生活していましたが、包丁を持って暴れたため措置入院となっていました。
高校卒業後は自宅から出ることもなく(ほぼ軟禁状態だった)過ごしていましたが、同居の親が事故で無くなり、本人は施設へ入所し県外に住む姉が手続きのすべてを行っていました。主治医の了承も民生委員等の協力も得られていましたが、どうしても初診日の証明が取れず困り果てたときに、HPで見たからと相談会にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

高校時代に通ったとされる病院をいくつかピックアップしました。
その中である病院へ受診状況等証明書(初診日の証明)を依頼しましたが、当初は書けないとの回答でした。それでも記録が残っていれば何でも良いので証明してくださいとお願いをしに訪問したところ、別の診療科に紹介状と共に記録が残っていることが判明し無事初診日を特定することが出来ました。措置入院中の現症日についても無事診断書を書いていただくことができました。

 

結果

窓口では書けないとの回答でしたが、あきらめずに検討を重ねた結果、何とか高校時代に拒食となり入院していた日付を特定(初診日)することができ、障害基礎年金の2級を受給することができました。「本人が理解してくれるかどうかはわからないが、残された家族は私だけ(姉)なので、出来る限りのことをこれからもしていきます。」おっしゃっておりました。

 

今回のケースはご本人にお会いすることはありませんでしたが、姉と病院・行政の協力が上手く得られて受給に結び付いたケースと言えます。何度も足を運び丹念に書類を積み上げていったことが受給に繋がったのではないかと思います。
可能性は捨てないこと、あきらめないことが大切だと教えて頂いた事例です。


 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」