適応障害で診断書が書いてもらえず転院し、傷病名が変わったことで無事受給出来たケース

相談者:男性(30代)

傷病名:統合失調症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約374万円(認定日請求:年額171万、配偶者と子供2人の加算額計66万)

 

相談時の相談者様の状況

お子さんたちが小さいこともあり、お姉さんがご本人を連れて当事務所に相談に来られました。
症状は重くかろうじてお話をすることは出来ましたが、ほとんどはお姉さんが代わりにお伝えしてくれました。途中からは「窓の外から誰か覗いてますよね?」など幻覚や幻聴が出てきていたようです。
お姉さんを介さないと要件が上手く伝わらない状態でした。

 

相談から請求までのサポート

初診からの主治医に診断書のお願いに行くと「適応障害でしか書かない」とのことで拒否され、病院の相談員経由で再度お願いをしたら「紹介状を書くので好きな病院へ行ってください」とのことでした。
結果としてお姉さんの紹介で他の病院へ移ることができ、その病院で統合失調症として無事診断書を作成して頂き認定日請求もすることが出来ました。

 

結果

症状はかなり重く障害厚生年金2級で決定となりました。
ただ、受託から提出まで5カ月、さらに審査で5カ月とかなり長期にわたりお待たせすることとなりました。
その後の更新もサポートさせて頂き現在も治療中です。

 

障害年金の請求で診断書はなくてはならないものですが、これは医師が作成するものであり私達は〇1つ書き加えることは出来ません。また、内容も医師の判断となります。
私達に出来ることは『判断基準』でもある日常生活能力=普段の生活状況を少しでも主治医にご負担なくお伝えすること(特に精神疾患の場合)で、その為には時間をかけてヒヤリングを行うしかありません。
ただ、内容をお伝えする・考える・思い出すなどがご負担となるケースも多く限界もあります。


 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」