肺癌・骨転移で障害厚生年金3級が決定し総額140万円受給できたケース

相談者:男性(40代)

傷病名: 肺がん・骨転移

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約140万(年額58万)

 

相談時の相談者様の状況

腰の痛みのため当初近くの整形外科を受診され、ストレスによる腰痛と診断されていました。

しかし、継続する痛みのため総合病院に転院され、検査の結果肺がんと骨への転移と診断されたとのことでした。

治療のための入院により休職を余儀なくされ、さらに継続して行われた抗がん剤治療の副作用がひどく、やむなく離職されました。

しかし、お子様もおられるため、治療を継続しながらもできる仕事がないかとお仕事を探されていました。

相談から請求までのサポート

当初受診された整形外科で初診日の証明を取得し、請求を行ったところ、総合病院の受診が初診ではないかと書類が戻されました。

ご本人からのお話からも整形外科に受診されていたときの症状は、現在のご病気が原因で生じていたものと考えられるため、総合病院にて整形外科の診断についてはがん転移と関係があるとの意見書をいただき提出しました。

 

結果

障害厚生年金3級の受給が決定し、約140万円の受給が決定しました。

初診日については無事に当初の整形外科より認められることとなりました。

誤診や因果関係のある既往症があり、疾病名が時期により異なっている場合については、初診日をどの時点で請求していくかによって、受け取れる年金額にも大きな差が生じることもありますので、慎重な検討が必要となります。

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」