若年性アルツハイマーで障害基礎年金2級が決定し総額920万円受給できたケース

相談者:男性(50代)

傷病名: 若年性アルツハイマー症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約920万(年額230万)

 

相談時の相談者様の状況

ご家族の方がご相談に来られました。

数年前からうつ症状で治療しており、最近になって物忘れや身なりの乱れが目立つようになったため専門医の受診を勧められ若年性アルツハイマーと診断されたとのことでした。

まだまだ働き盛りの年齢ですが、業務に支障がでるようになり早期退職を余儀なくされ、また、ご家族の見守りが必要な状況のため、今後の生活について大変不安を感じておられました。

 

相談から請求までのサポート

数年前よりうつ症状があり、最近になってアルツハイマー症であることがわかったため、うつ症状とアルツハイマー症の受診の因果関係がどう判断されるかについて難しさがありました。

結果として、アルツハイマー症と診断されたところを初診として請求が認められることとなりました。

 

結果

障害基礎年金2級の受給が決定し、約920万円の受給が決定しました。

今後の生活の見通しが立ったということで感謝のお言葉をいただきました。

今回はアルツハイマー病と診断された初診日より請求が認められましたが、うつ症状とアルツハイマー症では似ている症状が出てくることも多いため、診断の時期や状況によっては因果関係があるとされ、初診日が遡ることもあると考えられます。

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」