双極性障害で障害基礎年金2級が決定し200万円受給できたケース

相談者:女性(40代)

傷病名:双極性障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:200万円(年額100万円)

相談時の相談者様の状況

お母様が相談にいらっしゃいました。

平成17年頃 一度目の離婚調停中に強いストレスを感じ、うつ病と診断されました。その後症状は軽快しましたが、平成28年頃から2度目の離婚調停中に再び強いストレスがあり、外出も出来ずお母様と長男が生活全般の援助をしている状態との事でした。

双極性障害と診断されていました。生活費や孫の学費等、全てお母様が負担されている為、今後の経済的な心配をされていました。

相談から請求までのサポート

ご本人様が再婚の為に県外に移転されても、同じクリニック様に通院されていた為、医師がご本人様の今までの経過・辛い現在の症状等を理解され、診断書を記載して下さいました。

医師に確認したところ、認定日時点では、障害等級に該当するような症状ではなかったとのことで、事後重症での請求となりました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、更新月まで総額200万円(年額100万円)の支給が決定しました。

今まで、お母様がご自身の老齢年金と貯金を切り崩して、生活費や孫の学費を工面していた為、ご本人様に障害年金で十分な治療をしてもらい、パートの仕事が出来るくらい快方に向かってほしい、精神的に楽になったと話されていました。

働き盛りの方がご病気などで仕事が出来ない状況になると、支えるご家族様に経済的な負担が重くのしかかってきます。障害年金を受給されて、十分な治療をされ、快方に向かって下さる事を願います。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」