人工股関節置換で障害厚生年金3級が決定し340万円受給できたケース

相談者:女性(50代)

傷病名:右変形性股関節症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3

支給月から65歳までの総支給額:340万円

相談時の相談者様の状況

ご本人様が相談会にいらっしゃいました。

平成10年頃に転倒して受診した際に、変形性股関節症の指摘を受け経過観察をし、平成21年に股関節置換術施行されていました。当センターのチラシを見て障害年金制度を初めて知り、相談会に出席されました。

現在も杖歩行で活動にも制限があり、不自由な生活が続いていらっしゃるとの事でした。

相談から請求までのサポート

初診日は20年近く前で、ご本人様自身の当時の記憶が曖昧な為、どこの医院様が初診であったかの確認作業に時間を要しました。

しかし、初診の医院様を探し出す事が出来、また、当時のカルテの記録が残っていた為、医師に証明書の記載をして頂く事が出来、とても幸運でした。その後の申請までは、スムーズに進める事が出来ました。

結果

障害厚生年金3級が決定し、65歳まで総額340万円の支給が決定しました。

ご自分では、初診日の医院様を探し出し、初診日の証明書を記載して頂く事までは出来なかったとの事で、大変感謝されました。

現在もご不自由な生活の為、自宅のリフォーム代金等に充てたいとおっしゃっていました。

初診日が10年以上前だと、受診した病院様の記憶が曖昧な事も多く、今回は無事に探し出しカルテも残っていたという大変幸運なケースでした。

地元密着型の医院様だったことが良かったのだと思います。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」