うつ病で障害厚生年金1級が決定し262万円受給できたケース

相談者: 男性(50代)

傷病名: うつ病

決定した年金種類と等級:     障害厚生年金1級

支給月から更新月までの総支給額: 約262万円 (年額210万円)

 

相談時の相談者様の状況

お兄様から、弟の事で相談がしたいと連絡がありました。

ご本人様は、会社の最先端部門で働いていらっしゃいましたが、10年前の不本意な異動後から強いストレスがあり、うつ病を発症。相談時は、2年前から休職し自宅療養しているとの事でした。

自室に引きこもりで通院以外の外出は出来ず、家族との会話も成立しないような状態でした。また、幻聴・幻覚もあり同居の高齢の母親と近所に住むお兄様が全ての日常生活の援助をしており、かなり疲弊している様子でした。

 

相談から請求までのサポート

認定日時点は、通院しながら仕事を続けており快方に向かっていた時期でしたので、事後重症での請求となりました。

初診日は他県で10年前でしたが取得でき、現在の診断書に関しては、医師にご本人様・援助をするご家族の大変な様子を事前にヒアリングした内容をお伝えし、ご本人様の現状に沿った診断書を作成して頂くことが出来ました。医師も大変協力的でしたので、問題なく提出する事ができました。

 

結果

障害厚生年金1級の受給が決定し、年額210万円の受給が決定しました。

お兄様から、経済的な心配なく安心して療養に専念させられると、涙ながらに感謝のお言葉を頂きました。

精神疾患の診断書に関しては、相談者様のご家庭での様子を正確に医師にお伝えする事が大変重要です。ケースにもよりますが、ご家族様・ご本人様からヒアリングした内容を診察時に、医師にお伝えするようにしております。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」