多発性硬化症で障害厚生年金2級が決定し総額411万円受給できたケース

相談者:男性(50代)

傷病名:多発性硬化症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約411万(年額133万)

 

相談時の相談者様の状況

平成19年5月頃下半身に麻痺、しびれがあり感覚が全くなくなる。

平成20年1月頃右足股関節に痛みが出る、その半年後くらいに左足も痛みが出る。同年11月に受診の結果、椎間板ヘルニアの診断を受ける。

平成22年症状が悪化し会社を退職。平成25年に症状がさらに悪化。検査のため13日間入院。退院後はリハビリ治療。歩行困難な状態で病院以外は自宅ベッドで横になっている状況。

 

相談から請求までのサポート

相談に来られたのは、お兄様でした。症状は重くある程度の資料も管理されていたので申請・受給までは割りと順調に進みました。

実は、お兄様のご家族も別傷病で入退院を繰り返していておりご自身がお二人の面倒を見ている状況でのサポートとなりました。

 

結果

障害厚生年金2級の受給が決定し、次回の更新月までに411万円の受給が決定しました。

私たちのサポートは障害年金の申請・受給までのサポートとなりますが、ご家族の負担が精神的にも金銭的にも軽減されることが何よりの励みとなります。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」