双極性障害で障害厚生年金3級が決定し57万円受給できたケース

 相談者:男性(50代)/無職

傷病名:双極性障害

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約57万

(年額57万)

 

相談時の相談者様の状況

ご本人からの相談でした。お話によると、中学生の頃から自己臭に対する恐怖があり、軽度の鬱とアルコール依存症などになってしまったようです。

心療内科でアルコール依存と双極性障害との診断を受けて治療を開始。

アルコール依存症については、自助グループでの活動もあり、禁酒を継続。

ただし、他人とスムーズにコミュニケーションを取れないことから、就労も困難となり、休職と復帰を繰り返されていました。

 

大震災以降は、仕事内容も荷物の運搬等、単純作業だったので、症状も比較的落ち着いていたそうですが、震災が一段落すると症状が再発。

自宅療養中に同居するパートナーとの行き違いもありあり、さらに病状が悪化。

今後の就業は難しいとのお考えから、障害年金を受給できないかと相談にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

相談者ご自身が、非常に几帳面な方でいらしたため、現在までかかった医療関係の書類(領収書や会社への休職理由書、復帰書)をほとんど残していました。

また、いつからいつまでどこの病院に何でかかっていた等、詳細に診療の記録を残されていたため、詳細な記録を添付して提出することができました。

相談当初から、「やれることは自分でやって、自分で納得しながらやりたい」との意向を受けていたため、主治医への診断書依頼等、ご本人様にやっていただき、当事務所はフォローに徹しました。

 

今回は、相談者さんが克明な記録をつけていたため、それを基に詳細な申立書を作成しました。

また、ご本人の希望で、主治医とのやりとりを、ご本人自らが行っていたため、私たちとの打ち合わせと並行し、ご自身が納得しながら請求の手続きを進められました。

 

 

結果

事後重症で請求し、障害厚生年金3級の受給が決定し、57万円の受給が決定しました。

本人は主治医との交渉等もご自身で行っていたため、この結果に納得されたようで、受給決定後、気分転換も兼ねて気候も穏やかな遠方に転居されました。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」