統合失調症で障害基礎年金2級が決定し77万円受給できたケース

相談者:女性(40代)/無職

傷病名:統合失調症

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約77万

(年額77万)

 

相談時の相談者様の状況

同居するご家族からの相談でした。

お話によると、高校生の頃、友達との気持ちの行き違いから体調不良となり、「自分は嫌われている」と思いこみ、不登校になってしまったそうです。

心療内科を受診し、一時は他府県の短期大学に進学するぐらいにまで回復するも、幻聴に悩まされて短大への通学を断念。

退学後、自宅に戻り、農作業等をしながら通院治療を続けました。

その後、スーパーやコンビニエンスストアなどでパートをしていましたが、同僚と意志の疎通が上手にできずに次々と解雇されたそうです。

単純な農作業の手伝いも困難になり、家族以外の他人との会話や交流をすることが難しい状態が続いていました。

 

相談から請求までのサポート

本来、20歳前障害で請求したかったのですが、当時受診した病院に問い合わせるも、保存期間を過ぎているため、カルテ等の診療録が残っていないとの返答でした。

しかし、来院の記録が残っていたためにその病院の記録と、当時の様子を知る知人の方お二人に「20歳前の初診日に関する証明」を書いていただき、添付書類として提出しました。

 

障害年金の審査は、本人との面談などは一切行われません。

提出した診断書と病歴状況申立書の記載内容をみて障害状態を判断されまので、書かれていることだけが審査対象となります。

今回は、二十歳前の初診日を特定することが難しかったのですが、諦めずに聞き取り調査をした結果、初診日を特定することができました。

 

 

結果

 

事後重症で請求し、障害基礎年金2級の受給が決定し、77万円の受給が決定しました。

本人はもちろんですが、将来、一人残される娘の行く末を案じていたご両親もほっと胸をなでおろされたようでした。

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」