うつ病で障害基礎年金2級が決定し431万円受給できたケース

相談者:男性(20代)/無職

傷病名:うつ病

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約77万

(年額77万/遡及額354万円)

 

相談時の相談者様の状況

病院のケースワーカーさんの紹介で、同居するご家族とご本人(息子さん)からの相談でした。

中学生の頃にいじめを受けたことから、体調不良となり精神的なバランスが崩れ、なんとか高校へ入学するも次第に引きこもりがちになり、自宅ご両親と暮らしていたそうです。

 

突然、大声を出したり、暴れて家の中の物を破損させるなどの暴力行為や、誰かに殺されるのではないかとおびえたり、自殺願望があったり、ご家族の心労は想像を絶するものでした。

主治医から、日常生活全般に家族の支援が必要で予後も不明と言われ、今後のことを考えている時に、郵便受けに投函されていた障害年金のチラシを見て、相談にいらっしゃいました。

 

相談から請求までのサポート

お話しを聞く限り現在の症状はかなり重く、該当する可能性は低くはないと思われました。

中学時代から現在に至るまでの生活状況や、日常生活をおくるうえで困っていることなどについて、ご家族が詳細に記録を書いてくださっていたため、それを基に申立書を作成しました。

相談者の深刻な事情をありのままに具体的に説明し、社会的な自立が難しい点を伝えることに心を砕きました。

 

障害年金の審査は、本人との面談などは一切行われません。

提出した診断書と病歴状況申立書の記載内容をみて障害状態を判断されますので、書かれていることだけが審査対象となります。

そのため申立書に、日常生活-の不便な点や、不穏な点など、ありのままの状態を具体的に表現して、理解を求めることが重要です。

 

結果

認定日に遡って障害基礎年金2級の受給が決定し、遡及分も含めて431万円の受給が決定しました。

年金証書を受け取ったご本人様から感謝のお手紙を頂き、先様のお役に立ててよかったと、改めて安堵いたしました。

 

 

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」