障害年金の請求が不支給になったのちに対応したケース

相談者:男性(20代)

傷病名:精神発達遅滞

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約227万円(事後重症請求:年額77万)

 

相談時の相談者様の状況

相談会にはご両親がお見えになり、一度障害年金の請求を行ったが不支給であったことを伺いました。
その際、以前に施設にいたときの同じような症状の人が該当しているのにおかしいというようなことをおっしゃっていたので、診断書および申立書に普段の様子をより的確に記入できていたかどうかのお話をさせてもらい、この点を特に留意しながらの請求を行うことをご説明させていただきました。

 

相談から請求までのサポート

医療機関に診断書を記入していただくにあたり、定期的に診断を受けていただいているときに、ご両親の方から普段の生活の様子をより細かく(特に不便に感じている箇所を中心に)伝えていただくようにお願いしました。

 

結果

障害基礎年金2級で決定となりました。
受給決定の連絡をいただいた際、ご両親が送付されてきた年金証書を見て、このような用紙だけで今後本当に年金がもらえるのか、少々不安に思っていらしたことが印象に残っています。

 

初診日の証明の取り直し、申立書の作成を中心にサポートさせて頂きました。
書類を不備なく揃えることが最低限必要で、後はいくつかある要件を満たすことが出来るかどうかが鍵となってきます。
相談会の中で、ご自身やご家族が請求されて上手くいかなくなり救いを求めていらっしゃる方も多くなってきています。
社労士がサポートしていることの認知度を上げることも当センターのミッションですが、上手く専門家を活用してご負担の軽減につなげて頂きたいと心より思います。


 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」