慢性腎不全で障害厚生年金2級が決定し593万円受給 出来たケース

相談者:男性(30代)

傷病名:慢性腎不全

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約593万円(年額129万円)

 

相談時の相談者様の状況

ご本人が相談にいらっしゃいました。

平成23年頃から糸球体硬化症で治療していましたが、腎機能悪化と共に体調不良が続き、平成29年1月より人工透析を開始。職場の配慮の下、職場復帰したが、体調が思わしくなく、いつまで仕事が続けられるか心配されていました。

自分で申請する体力も精神的余裕もないので代行をお願いしたいとの事でした。

 

相談から請求までのサポート

初診日の証明書・診断書とも訂正や追記が必要で時間を要しましたが、その後はスムーズに提出まで進める事が出来ました。

 

結果

障害厚生年金2級の受給が決定し、年額129万円の受給が決定しました。

経済的な不安が少なくなりましたと、ご連絡を頂きました。

人工透析治療を受けられている方で、障害年金制度を知らず10年以上経ってから知ったという方も珍しくありません。そうなると、初診日は、更に遡り20~30年前となる事もあります。この場合、初診日の証明書取得が難しくなり受給出来ない可能性が高くなります。

制度を知らずに、経済的なゆとりがなく治療に専念できないという事がないように、周知活動を行っていきたいと思います。

 


  • 障害年金無料相談会受付中!

  • 障害年金無料診断キャンペーン

    あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち?|簡易1分受給診断実施中|障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です|無料診断はこちら

  • ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を

    うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症 人工透析・etc「どうしたらもらえるの?」「公的生活援助金って?」「いくらもらえるの?」